メールの転送方法について

2008年  3月 18日 作成

メールを転送する方法について、説明します。

○環境: Windows XP、Internet Explorer 6

1.総合情報センターのホームページ内、「Webメール」にログインします。
 (ログイン方法がわからない方はこちらのサポートページをご覧ください)

2.画面上側の [オプション] をクリックします。

 

3.画面右下の [メール転送] をクリックします。

 

4.次の画面で、『メール転送の追加』の設定を行い(転送先メールアドレスだけでも可)、 [追加] ボタンをクリックすることでメール転送が行えます。

*メール転送機能を利用すると、 受信したメールはすべて転送されますので、 受信トレイにはメールは残りません
   転送するメールをWEBメールに残す場合は、 「自分のアカウントにコピーを置く」 にチェックを入れてください。

 

『メール転送の追加』の設定について
使用可否
メール転送の使用可否を選択します。メール転送を使用する場合は「使用」にします。
「使用」を選択した場合、転送設定後の使用欄に [on] と表示され、クリックすると使用を [OFF] に変更することができます。
転送先メールアドレス
転送する宛先(メールアドレス)を入力します。
期間設定
期間を指定した場合、その期間だけメール転送が行われ、期間が過ぎればメール転送は行われません。
メールサイズ制限

受信したメールのサイズからメールの転送を制限します。

  • “使用しない” : メールのサイズによる制限をせずに転送を行います。
  • “転送拒否” : メールサイズ設定で指定したサイズを超過したメールは転送を行いません。
  • “制限サイズ転送” : メールサイズ設定で指定したサイズを超過したメールは、指定したサイズまでの内容を転送します。

例えば、 “制限サイズ転送”100KByteに指定した場合、本文が100KByteを超過したメールは100KByteを超過した本文部分を切り落として転送します。ファイルの添付により100KByteを超過する場合は、添付ファイルを切り落として転送します。

メールサイズ設定
メールサイズ制限で “転送拒否” または “制限サイズ転送” を選択した場合にサイズを指定します。
指定したサイズを超過した場合、メールの転送を制限します。
処理方法

条件設定を追加した場合、 [OR] または [AND] で条件を判別して該当するメールに対して転送を行います。

  • [OR] : どれかが一致する場合
  • [AND] : すべてが条件に一致
条件設定

条件を設定することで、該当するメールに対してのみ転送を行います。
“一般式”または “正規式” (正規表現)を選択して、ヘッダの条件をプルダウンメニューから選択します。

  • "一般式" : 大文字と小文字を区別する
  • "正規式" : 大文字と小文字を区別しない
直接入力する場合は、プルダウンメニューの一番下にある「直接入力」を選択して、右側の入力欄に記入してください。
条件内容を入力した後、 “一般式” を選択した場合は入力した内容に対する条件もプルダウンメニュー( が含まれる、が含まれない、など )から選択します。
[条件追加] ボタンをクリックすると条件設定欄が追加表示され、10個まで条件を追加することができます。

 

『メール転送の追加』の設定の例:

上の例では次のような条件でならば転送する設定になっています。

使用可否 メール転送を 使用
転送先メールアドレス
○△□@ezweb.ne.jp (※すべてのメールを転送したい時はここだけでも可能です)
期間設定
2008年4月1日 〜 2009年3月31日 まで
メールサイズ制限
下記の設定(メールサイズ設定)以上のサイズの時は、制限サイズ転送(そのサイズに収まる内容まで切り落として転送)
メールサイズ設定
50KB
処理方法
下記の設定(条件指定)が複数の時、OR(どちらかに該当する)ならば転送
条件設定
From に ■▲●@mail.tokai-u.jp が 含まれる 場合は転送 (一般式
CC に ■▲●@mail.tokai-u.jp が 含まれる 場合は転送 (一般式

 

5.設定が追加されると次のように表示されます。

  1. この設定を使用しない場合は、ここをクリックして[off]にしてください。
  2. この設定を修正する場合は、ここをクリック。
  3. この設定を削除する場合は、ここをクリック。


東海大学総合情報センター