Javaアプリケーションのセキュリティ警告

2015年 10月 19日 作成

Javaを使ったホームページを閲覧した際に、以下ようなメッセージ画面が表示される場合があります。

 

Javaアプリケーションは、実行前に確認を求められる仕様へ変更となりました。

信頼できるホームページでJavaアプリケーションを実行するたには、「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します。(I)」にチェックを入れ「実行(R)」を選択することでJavaアプリケーションが実行されます。(Javaアプリケーション署名の証明書の有効期限切れ等で発生します)

また、Javaアプリケーション実行時には、以下ようなメッセージ画面が表示される場合があります。

 

「実行(R)」を選択することでJavaアプリケーションが実行されます。



東海大学総合情報センター