2001.4.10
利用者各位
                                                    電子計算センター
                コンピュータ室での印刷枚数管理について

従来コンピュータ室での印刷は利用者が自由に印刷を行うことができました
が、利用者の増加やパソコンの利用用途の拡大に伴い、印刷枚数は著しく増
加しています。そこで、コンピュータ室での印刷を管理するシステムR-Gate
を導入いたします。このシステムにより、利用者自身が印刷枚数を管理した
上で印刷を行えるようになります。
なおこれに伴い、2001年度よりコンピュータ室での印刷について、以下の出
力枚数制限を設けます。

・利用者1人が印刷できる枚数は、月間100枚とする。
・月間の制限の他に、年間で800枚を上限とする。よって月間の印刷枚数が
 100枚以下でも、年間の合計印刷枚数が800枚に達した場合は制限される。
・月間印刷枚数の上限は、年間印刷枚数の上限に達しない範囲で利用者が変
 更することを認める。
・年間印刷枚数の上限は、授業・研究等で必要と判断された場合、教職員か
 らの申し出により変更する。
・カラープリンタの出力1枚は、モノクロ印刷の5枚分として扱う。
※この制限は4/13(金)より実施します。

・コンピュータ室での印刷について
・印刷枚数の確認について
・印刷枚数が上限に達した場合
・月間印刷枚数の上限に達した場合
・年間印刷枚数の上限に達した場合
・授業等で大量に印刷を行うことが予想される場合


・コンピュータ室での印刷について 印刷方法などに変更はありません。これまでどおり、各アプリケーションか ら出力するプリンタを指定して印刷を実行します。月間/年間印刷枚数の上 限に達すると、印刷は実行できてもプリンタには出力されないようになりま す。
・印刷枚数の確認について 利用者が印刷した枚数は、湘南計算機室のホームページ内の「e-Office」か ら、「印刷枚数確認」を選択してください。
・印刷枚数が上限に達した場合 コンピュータ室からの印刷は全てプリントサーバで管理されており、定期的 に利用者が印刷した枚数を集計しています。印刷枚数が上限に達した場合、 電子メールで通知します。 電子メールは、上限に達した後に印刷を行ったときに、次のようなメールが <ユーザ名>@keyaki.cc.u-tokai.ac.jpに対して送信されます。
From: XXXXXXXX@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp
To: XXXXXXX@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp
Subject: Message from print-server [prsrvX-X]
Status:

Status: your printjob has been canceled.
Reason: user(XXXXXXXX) over print limit

・月間印刷枚数の上限に達した場合 翌月まで印刷を行うことができません。ただし、年間印刷枚数を超えない範 囲で月間印刷枚数の上限を変更することができます。変更する場合は、印刷 枚数確認のページに表示されるフォームから申し込んでください。
・年間印刷枚数の上限に達した場合 次年度まで印刷を行うことができません。各利用者は印刷枚数を自己管理し、 このような状態にならないよう注意してください。
・授業等で大量に印刷を行うことが予想される場合 月間100枚/年間800枚という枚数は、制限を行っていない2000年度秋セメス ターの期間で統計を実施した上で90%の利用者には影響がないものとして算 出されました。通常はこの枚数で問題ないと思われますが、授業や研究等 で予め大量に印刷を行うことが予想される場合、教職員からの申し出によ り、利用者の年間印刷枚数を変更します。 電子計算センター窓口にて、所定の手続きを行ってください。