line

2007年度サービス変更について
(湘南校舎)

line

 総合情報センターでは、2006年度末にコンピュータ室のパーソナルコンピュータ、各種サーバについて、リプレース(機器入れ替え)をおこないます。それに伴い、一部サービス内容が変更されます。
 なお、利用者ファイルについては原則として総合情報センターで新しいサーバに移行します。

 2007年度からは以下のサービス内容になります。
 また、各サービスと変更点の有無については、2007年度サービス変更一覧(湘南校舎)を参照してください。

 (このページの変更履歴は変更履歴を参照してください。)


1.認証方法の変更

[変更点]
ログイン名変更
    2007年度より、各校舎共通の認証が可能となる認証システムを導入します。
    そのシステム導入に伴い以下の変更をおこないます。
    3月19日(月)から変更になります。詳しくはこちらをご覧ください。

    (1)教職員等の認証用ログイン名が変更になります。
      
    教職員のみ、認証時のログイン名が教職員番号になります。
      パスワードの変更はありません。

    身分
    2006年度のログイン名
    2007年度以降のログイン名
    教職員 任意 教職員番号
    (パスワードは変更無し)
    学生 学生証番号の大文字部分を小文字にしたもの ログイン名、パスワードともに変更無し
    上記以外
    (研究員、研修員、学外者など)
    任意 総合情報センターで指定するログイン名
    (パスワードは変更無し)

    *すべての方について、パスワードの変更はありません。
    *上記の表の教職員のパスワードは教職員ポータルのパスワードとは別に管理されています。必ずしも同じものではないので注意をしてください。
    *現在、計算機利用申請をされていない方は申請が必要です。教職員ポータルを利用されている方が全て利用できるようになるわけではありません。
    *将来的にこのログイン名とパスワードは教職員ポータルのログイン名とパスワードと同一になる予定です。
    *学生は、ログイン名の変更はありません。
    *メールアドレスについては、メールサーバの利用を参照してください。

    (2)ログイン名の変更により影響を受けるサービスは以下の通りです。
      以下のサービスを利用する場合は、ログイン名を教職員番号にしてください。
      ただし、変更時期は 教職員などの認証方法の変更についてリプレースに伴う各種サービスの停止予定 をご確認ください。

    • メールサーバの利用(ログイン名の変更時期に注意)
    • 計算サーバの利用(ログイン名の変更時期に注意)
    • コンピュータ室のパーソナルコンピュータの利用
    • 個人フォルダ(Zドライブ)のコンピュータ室以外からの利用
    • 個人用webサーバの利用
    • 公開用webサーバの利用
    • 授業用webサーバの利用
    • ALCネットワークアカデミーの利用
    • 授業支援システムの利用
    • オンライン窓口の利用
    • アカウント情報ページの利用
    • 無線LAN接続の利用
    • ダイヤルアップIP接続の利用(ログイン名の変更時期に注意)

.サービス変更、新規サービス

●メールサーバの利用

[変更点]
メールサーバ名の変更

メールサーバ名が変更になります

    2006年度
    2007年度
    keyaki.cc.u-tokai.ac.jp
    mail.tokai-u.jp

今まで学生は学生証番号を元にしたメールアドレス、学生以外はログイン名を元にしたメールアドレスでしたが、2007年4月からは、自分で好きな名前のメールアドレスが使えるようになります。サービスの開始時期については別途お知らせいたします。

今まで使っていたメールアドレス(ログイン名@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp)はそのまま使えます。
変更時期はこちらをご確認ください。

[変更点]
メーリングリスト管理者(技術担当者)のメーリングリスト管理方法の変更

メーリングリストへのメンバーの登録や削除、登録メンバー一覧を取り寄せるために、命令(コマンド)を利用し、管理をおこなってきましたが、メールソフト(Webメール)上でメーリングリストを管理することができるようになります。
制限されていた設定も、管理者が変更をおこなえるようになります。

変更時期については、後日お知らせいたします。

[変更点]
webメールのソフトウェアの変更

webメールのソフトウェアがActive!Mailから変更になります。

変更後の利用方法については後日お知らせいたします。

[Q&A]
メールサーバの利用に関するQ&A


●計算サーバ(bosei,pw1500,tx7)の利用

[変更点] 計算サーバ(pw1500)の利用終了

計算サーバのpw1500がサービス終了となり、bosei,tx7のみのサービスとなります。
これまでpw1500を利用されていた方は、利用目的に合わせてboseiかtx7のどちらかをご利用ください。

※boseiとtx7の詳細については、後日お知らせいたします

[変更点]
NQSのジョブクラス変更とDクラス利用申請の廃止

機器の変更に伴い、NQSのジョブクラスが変更になります。
また、ジョブクラスの変更に伴い、NQS Dクラス利用申請を廃止します。

※詳細については、決定次第お知らせいたします

[変更点] 申請方法の変更

計算機利用申請が済んでいる方で計算サーバを利用する場合、各個人で【計算サーバ利用申請】の手続きが必要になります。(関連
既に申請済みの方は必要ありません。

[変更点] サービス時間の変更

tx7の利用時間が24時間毎日に変更になります。
ただし、メンテナンス作業等により一時的に停止させていただく場合がございます。

[変更点] ファイル上限値の変更
研究利用者のファイル上限値が1GBに変更になります。(関連
[詳細ページ] 計算サーバの詳細ページ
詳細

●パーソナルコンピュータの利用

[変更点]
コンピュータ室ソフトウェアの廃止・縮小

コンピュータ室のソフトウェアで、廃止されるソフトウェアがあります。

サービス終了するソフトウェア
OS
ソフトウェア
Windows
FrameMaker7.0
一太郎
花子
LiveMotion
StarSuite
Macintosh Filemaker Pro

コンピュータ室のソフトウェアで、バージョンアップ、新規導入されるソフトウェアがあります。
詳しくはソフトウェア一覧をご覧ください。


●計算機利用申請

[変更点]
計算機利用申請をおこなった場合に利用できるサービス

計算機利用申請をおこなった場合に利用できるサービスが以下のように変更になります。

年度
利用できるサービス(既定値)
2006

コンピュータ室のPC
個人フォルダ(Zドライブ)
電子メール
計算サーバ(bosei)

2007

コンピュータ室のPC
個人フォルダ(Zドライブ)
電子メール
*計算サーバについては、利用開始後に本人がオンライン申請できます。

2007年度の新入生は計算サーバに登録されません。必要な方は、利用開始後に本人がオンライン申請をしてください。

[変更点]
ファイル上限値変更

2007年度はファイル上限値が以下のように変更になります。

 
計算サーバ
メールサーバ
ファイルサーバ
計算機利用申請(教育利用)
100MB
100MB
200MB
(100MBから変更)
計算機利用申請(研究利用)
1GB
(200MBから変更)

●授業支援システム

[変更点]
授業支援システムのバージョンアップ

授業支援システムのバージョンがVer2からVer3にバージョンアップされます。
主な変更点は以下の通りです。

機能
変更点
お知らせ お知らせを出している科目のみ表示
小テスト

前提条件を設定可能・・・小テストが何点以上でないと次の講義コンテンツを参照できない等

カテゴリ毎に設問を蓄積し設問集として利用可能。
設問集からのランダム出題
同一テストの複数回受験可能
設問集の公開機能(コピー流用可)
課題ファイル

複数ファイルのアップロードと提供

レポート管理 フィードバックするコメントにファイル添付が可能
複数ファイルの提出
レポート提出状況と出欠状況の比較
科目設定 科目担当教員による科目コピー機能
科目の年度移行処理・・・年度をまたがって開催される科目対応
同一科目識別対応(科目名に科目コードを表示)
利用統計 ログイン統計および履歴。講義コンテンツ参照統計。
履修者登録 履修確定前の全科目受講可対応
教員による履修者の登録・削除画面
教員IDで学生として履修可能(科目担当は履修不可)
グループ学習
講義設定 登録画面での必須項目の明示
その他 年度切り替え

●授業支援ソフトウェア【新規】

[変更点]
授業支援ソフトウェア利用の導入

教師卓の画面を学生側の端末に転送したり、学生側のモニタを教師卓側から閲覧することができるソフトウェアを導入します。
その他に、以下のような機能が利用できます。

 主な特徴
  ・出席管理機能
  ・画面転送機能
  ・モニタリング機能
  ・資料配布、回収機能
  ・アンケート機能


●オンデマンド印刷の導入

[変更点]
オンデマンド印刷の導入
オンデマンド印刷とは、コンピュータ室のパソコンから印刷指示を出した後、ネットワークを経由してどのコンピュータ室のプリンタでも印刷物が取得できるというシステムです。(ただし、Macintoshからの印刷は一部のコンピュータ室に限られます。)

 主な特徴
  ・コンピュータ室を選ばず印刷物が取得できます
  ・他人の印刷物と取り違えることがなくなります
  ・紙の節約(印刷物の置き忘れ削減、重複印刷の防止)ができます。

なお、計算サーバからの印刷はできなくなります。

[変更点] 印刷枚数の制限(枚数のカウント方法)の変更
モノクロ印刷、カラー印刷ともに、印刷された用紙の枚数(出力枚数)をポイントに換算してカウントし、印刷枚数を制限します。印刷コストの違いによって、カウントされるポイント数が異なります。

  ・利用者1人が印刷できる枚数:1セメスターで400ポイント
  ・モノクロプリンタでの印刷:出力枚数1枚につき1ポイント
  ・カラープリンタでの印刷:出力枚数1枚につき2ポイント


●ALCネットアカデミー

[変更点]
ALCネットアカデミーのバージョンアップ
ALCネットアカデミーのバージョンがALC2にバージョンアップされます。

●サービス時間の変更について

[変更点]
コンピュータ室のサービス時間変更

コンピュータ室のサービス時間が一部変更になります。

コンピュータ室 2006年度
2007年度
5-200コンピュータ室 平日9:00〜18:00 平日9:00〜17:00
5-204コンピュータ室 平日9:00〜18:00 平日9:00〜22:00
12-402コンピュータ室A,B 平日9:00〜19:00
土曜9:00〜15:30
平日9:00〜21:00
土曜9:00〜21:00
16号館コンピュータ室 平日9:30〜16:45
土曜9:30〜15:30
平日9:00〜16:45
土曜9:00〜15:30


変更履歴


東海大学総合情報センター