line


Microsoft DreamSpark利用について
【学生向け】

line
2014年 6月16日 作成

Microsoft DreamSparkとは、マイクロソフトが世界で展開している学生支援プログラムです。本学では、教育機関向け総合契約(EES)をしていますが、その特典として、「教育機関向けDreamSpark」が無償で利用できます。教育目的に学生や教職員であればマイクロソフトの開発ツールやサーバー製品を利用することが可能です。

 【利用可能なソフトウェア】
    ・Visual Studio
    ・Expression Studio(※)
    ・Windows Server(※)
    ・SQL Server(※)

    ※ご利用の場合、総合情報センター窓口へご連絡ください

   【利用上の注意】
    ・DreamSparkで提供される製品は教育・研究目的のみ利用できます。
          商用アプリケーション、商用サービス、実稼動用システム開発用に利用することは
     できません。
    ・一度インストールした製品は、学校を卒業後も利用できます。
          ただし、商用利用は固く禁じられています。
    ・CAL(クライアントアクセスライセンス)の提供はありませんので、
     DreamSparkを通じて入手されたWindws Serverを利用してリソース管理、
     ファイルサーバ、アプリケーションサーバなどを構築しクライアントPCの接続が必要
     となる場合、接続台数に合わせて別途CALのご購入が必要となります。
    ・ソフトウェアのインストールや使用により、損害が生じても総合情報センターは
     一切の責任を負いません。
    ・教職員の方は教職員ポータルより申し込みを行ってください。
    ・その他、DreamSparkについての詳細についてはこちらをご確認ください。

 【マニュアル】
  申請及びインストール方法のマニュアルはこちらから参照できます。

 【申請】
 申請はこちらからできます。ただし、ユーザー認証が必要になります。

  ・ログインID:学生証番号
  ・パスワード: パスワードを入力(コンピュータ室利用時と同様のもの)


東海大学総合情報センター